2022年11月30日水曜日

フライヤーできました!!

 20221128日(月)に広報班で、完成したフライヤーの仕分け作業を行いました。


完成まで試行錯誤でしたが、優しくまあるいイメージに仕上がりました。



題字にご協力いただいたのは、芦屋高校書道部の皆さんです。


芦屋市内中心に、小・中学校、高校、大学、専門学校、地域の集会所、病院、クリニック、スーパー、障がい福祉事業所や市役所その他の公共機関等々様々な協力機関にお届けします。




チラシ裏面には、当日の特別講演の内容や事前予約のQRコードも掲載しています。




各特別講演申込フォームは下記の通りです。※申込期間は令和5年1月10日~2月10日

①「育てにくさのある子-親子で楽になる接し方・育ち方」午前10:30~午前11:30


②「“性”に関するもやもや 心配あれこれ~障がいのある人のために~」午後2:00~午後3:30


③「私たちの体験談-個性を活かして自分らしく働くためのヒント-」午前11:50~午後0:40


④「障がいのある人の“暮らし”-“ひとりで暮らすと”は-」午後1:00~午後1:30



是非チラシをお手に取ってご覧ください!当日会場でお待ちしています。

2022年10月17日月曜日

令和4年度まるっと説明会2022 第3回実行委員会

20221012日(水)

令和4年度まるっと説明会2022 第3回実行委員会が開催されました!



 

令和5218日に開催されるイベント「まるっと説明会」にむけて「芦屋の障がい福祉がまるっとわかる!」をテーマに熱く取り組んでいます。




イベントまで残り129日。

フライヤーの配布協力依頼先は芦屋市内を中心に103カ所以上。7500部を印刷予定。

会場の配置もほぼ決まりました。

(イベント詳細は11月以降予定)

 

↓こんな方は是非まるっと説明会にお越しください。↓

◆芦屋にはどんな福祉事業所があるのかな。

うちの子どもにはどこが合っているかな。

→ 会場に事業所の動画やパネルがあります。質問は担当者まで。

 

うちの子どもの場合、学校園選びってどうしたらいいのかな・・・

先輩ママパパと話してみたい。

→ 会場にいます。ビブスを着ているので会場で声をかけてくださいね。

 

◆講演は以下の4つ※仮テーマ

「発達障がいのある子〜親子で楽になる接し方・育て方」

「“性”に関する悩み・困りごと−障がい児をもつ家族のために−」

「私たちの体験談―個性を生かして自分らしく働くためのヒントー」

「障がいのある人の“暮らし”−“1人で暮らす”とは−」

→ チラシ完成後、掲載されているご希望の講演のQRコードから予約できます。是非お越しください。

 

◆芦屋の障がい福祉がもっとこうなったらいいな。来年はこんなことして欲しい。

→ アンケート用紙にご意見をお待ちしています。

 

 

芦屋に生まれ育ってきた子どもたちにこの街でずっと安心して暮らして欲しい。



多様な学び、あり方を認めあう社会。様々な色で創られたクマは多様性を表しています。

 

2022年10月5日水曜日

広報班で打ち合わせを行いました!

 令和4年9月27日(火) まるっと説明会、広報班の会議がありました。

今回の主な議題は、①県立芦屋高等学校の書道部とのコラボとなる書道部の作品の展示について②パフォーマンス中の動画編集について③まるっと説明会のチラシに関する意見交換 などなど。

前回の投稿にあったように、今までと大きく違うのは、高校生とのコラボ企画!もちろん、県芦の書道部だけでなく、「国際高校」「甲南高校」「クラーク高校」がパネル展示や動画上映、ボランティア報告などもしてくれます。

まるっと説明会の取り組みが、障がいのある方、その家族だけのためにあるものではなく、芦屋という街全体に広がって、この芦屋がいろいろ「まるっと」暮らしやすくなればいいなぁと思います。

2022年9月5日月曜日

兵庫県立芦屋高等学校書道部とのコラボ

8月23日に芦屋市立精道小学校の体育館をお借りして、県立芦屋高校の書道部の皆さんに、チラシの題字とまるっと説明会で展示する作品を書いていただきました。広報班でその様子を取材させていただいたのでご報告させていただきます。

半紙を切り、サイズに合わせて貼り合わせていく作業や、霧吹きで半紙に吹きかける色の調整をする作業など、準備も想像以上のものでした。



リハーサルで意見を出し合い、少しずつイメージを膨らませながら、良い緊張感の中で一つの作品を作り上げていく様子は圧巻でした。




6m×4mの大きな作品はまるっと説明会の会場に展示させていただき、書いている様子(書道パフォーマンス)も動画にし、会場で上映させていただく予定です。書道部の皆さんによる作品を、多くの方に見て頂けたら嬉しいです。完成をお楽しみに!